30代の助産師転職事情

助産師の転職を考えるうえで、最も需要があり、転職の成功率が高いのが30代です。その理由の一つに挙げられるのが、一定のキャリアが形成されているということです。助産師の仕事は助産行為だけでなく、出産前後の妊婦のメンタルケアやサポート、出産後の育児相談など多岐にわたります。
助産師の求人転職に強い求人サイトは?

これらの仕事や業務は、すべて経験がものをいうものばかりですが、30代の助産師であれば、実績やスキルをしっかりと積んでおり、即戦力として活躍できると考えられるのです。

また、30代の女性ともなると、精神的にも肉体的にも安定しているため、助産師というハードでストレスのかかりやすい仕事にも、しっかりと対応できる強さと柔軟さを持つと評価される傾向にあります。また、年齢による落着きは、不安や悩みを抱え込むことの多い妊婦さんの不安を解消し、支えとなるのに不可欠なものです。そのため、採用する側も、若い20代よりも、患者さんより少し年上となることの多い、30代女性を求めるケースが多いのです。

しかしながら、30代で助産師転職を検討する場合、自分の置かれた環境や状況をしっかりと把握しておくことが重要となります。たとえば、既婚の場合には、出産や子育て、家族の介護などで離職する可能性も出てきます。また、夫の転職や転勤などで、転職を余儀なくされるケースも出てきます。転職を検討する場合には、こういった可能性やリスクも念頭に置いておくことが重要です。

また、30代ともなると、子育てと併行しながら仕事を続けるという方も多いと思いますが、子供が急病になったときや、家族に不測の事態が起きた時に、すぐに駆けつけることができる勤務体制となっているかどうかの確認も必要です。有事の際に、早退ができるかどうか、マイカー通勤は可能かどうかなども、転職先選びの条件として入れておく必要があることを、忘れないようにしましょう。

一方で、未婚の方の場合は、これから先の人生設計についてよく確認しておきたいところです。結婚を機に離職を余儀なくされるケースも少なくありませんし、出産や子育ても考えると、どのタイミングで復職できるのかも考慮しておくことが重要です。こういった部分に関しては、転職の際、面接で詳しく訊かれる事もありますので、明確にしておくとよいでしょう。

助産師の面接でのポイント

助産師の面接対策について紹介したいと思います。 面接の際には、配属のことを聞かれます。

最初の就職先として、多くの人は総合病院を選択するかと思いますが、助産師は看護師免許も持っているので、もしかしたら「産科以外の部署に配属されるかもしれませんが、大丈夫ですか?」と聞かれることもあります。

産科で働きたいと思っているなら、正直に産科と答えてもいいですし、産科以外に配属された場合は外科的なことや産科にはない経験を沢山積むことができます。

それらは助産師として産科で働く上でも役立つでしょうし、産科だけにこだわらなくてもいいかもしれません。 産科以外を選ぶなら、産科とも密接な関係がある急性期病棟やNICUがいいでしょう。

配属以外には「今後結婚して出産する場合でも仕事を続けられますか?」と聞かれることがあります。 内心、現時点ではわからないと思っていても、仕事していきたいと伝えたほうが良いイメージを持たれるでしょう。

大規模な病院であれば、産休や育児休業制度があり、出産後も活躍している助産師が沢山います。 なので、福利厚生なども考慮して就職先を選ぶことをおすすめします。

また、病院は女性が多く活躍しているということもあり、人間関係について悩む人が大変多いです。 なので、面接では「もし人間関係に問題があった場合、どのように対処しますか」と聞かれることもあります。

その時は「友人を大切にして前向きに乗り越えていく」「今までもそうやって乗り越えてきたので大丈夫です」等、簡単に辞めないことをアピールすることも大切です。

病院側は優秀な人材であることはもちろん、長く働いてくれる人を採用したいと考えています。

部署に対して柔軟な考えを持っていること、結婚出産があっても仕事を続けるという意思、仕事に悩みがあっても乗り越えられること、長く勤められること、これらをアピールすることが面接では重要になってきます。 何事も前向きな姿勢で答えることがポイントだと言えるでしょう。

パートとして働く助産師

病院で助産師としてバリバリ働いてきたけど、結婚、出産などでライフスタイルが変わって、今までのように夜勤をこなすことが難しくなったなら、パートタイマーの助産師として働くのも1つの手です。 パートであれば夜勤がないので、自分のライフスタイルを優先して働くことができます。

妊娠、出産を経て産後のケアを行ったり、母子の健康をサポートしたりと助産師はやりがいのある仕事です。 無理なく続けていきたいなら、正社員にこだわらなくてもいいのではないでしょうか。

派遣という働き方もありますが、派遣の助産師は派遣会社と雇用契約を結んでおり、パートの助産師のように勤務先である病院に雇用されているわけではありません。

もし、勤務時間が過ぎているのに仕事が残っている場合、派遣会社と「残業をしない」と契約しているのなら、派遣の助産師は残業せずに退勤できます。 一方でパートの助産師は病院側から残業するように指示を出すことが可能です。

病院の言いなり…というと語弊があるかもしれませんが、このような場合はパートのほうが病院にとっては助かる存在であり、パートにとっても勤務先である病院の福利厚生が保証され、雇用保険、社会保険が使えるというメリットがあります。 派遣よりも安定しているとも言えます。

中には夜勤専門のパートとして働いている助産師も存在します。 夜勤をすると夜勤手当が付くので、大きな収入を得られます。

夜勤専門のパートの助産師であれば、月に10回の勤務でいいので、短時間でまとまった収入を得られます。 夜勤専門のパートがいることで、正職員の夜勤回数が軽減され、負担も減ります。

パートとして働く時に一番気になるのは、正職員とパートとの「見えない壁」でしょう。 しかし、病院は慢性的な人材不足に陥っており、病院で勤めている助産師と看護師にとっても、パートの存在は珍しくなく、常識となっています。 パートがいなければ正職員への負担は測りしれません。

お互いにプロ同士ですから、高い意識を持って仕事をしていれば、パートだから正職員だからといって壁を感じることはないでしょう。