30代の助産師転職事情

助産師の転職を考えるうえで、最も需要があり、転職の成功率が高いのが30代です。その理由の一つに挙げられるのが、一定のキャリアが形成されているということです。助産師の仕事は助産行為だけでなく、出産前後の妊婦のメンタルケアやサポート、出産後の育児相談など多岐にわたります。
助産師の求人転職に強い求人サイトは?

これらの仕事や業務は、すべて経験がものをいうものばかりですが、30代の助産師であれば、実績やスキルをしっかりと積んでおり、即戦力として活躍できると考えられるのです。

また、30代の女性ともなると、精神的にも肉体的にも安定しているため、助産師というハードでストレスのかかりやすい仕事にも、しっかりと対応できる強さと柔軟さを持つと評価される傾向にあります。また、年齢による落着きは、不安や悩みを抱え込むことの多い妊婦さんの不安を解消し、支えとなるのに不可欠なものです。そのため、採用する側も、若い20代よりも、患者さんより少し年上となることの多い、30代女性を求めるケースが多いのです。

しかしながら、30代で助産師転職を検討する場合、自分の置かれた環境や状況をしっかりと把握しておくことが重要となります。たとえば、既婚の場合には、出産や子育て、家族の介護などで離職する可能性も出てきます。また、夫の転職や転勤などで、転職を余儀なくされるケースも出てきます。転職を検討する場合には、こういった可能性やリスクも念頭に置いておくことが重要です。

また、30代ともなると、子育てと併行しながら仕事を続けるという方も多いと思いますが、子供が急病になったときや、家族に不測の事態が起きた時に、すぐに駆けつけることができる勤務体制となっているかどうかの確認も必要です。有事の際に、早退ができるかどうか、マイカー通勤は可能かどうかなども、転職先選びの条件として入れておく必要があることを、忘れないようにしましょう。

一方で、未婚の方の場合は、これから先の人生設計についてよく確認しておきたいところです。結婚を機に離職を余儀なくされるケースも少なくありませんし、出産や子育ても考えると、どのタイミングで復職できるのかも考慮しておくことが重要です。こういった部分に関しては、転職の際、面接で詳しく訊かれる事もありますので、明確にしておくとよいでしょう。