助産師と看護師はどう違うの?

助産師は、国家試験の受験資格として看護師資格が必要なため、業務や仕事も看護師の延長上にあると考える方もいらっしゃるようです。しかし、実際には助産師と看護師の仕事は全く異なり、活躍の場も業務を行う領域も違います。ここでは、看護師と助産師の違いについて、項目ごとに考えていきたいと思います。
http://xn--vek580gkwcyvpk9qvfmektwl0a.com/kiji51/

まず、看護師と助産師の資格の違いについて考えていきましょう。看護師は正看護師・准看護師ともに、専門教育や実習を修了し、資格試験をパスすることで免許・資格を取得することができます。

これに対して助産師は、正看護師の資格を取得したうえで、助産師の専門教育を受けることができる学校へ入校し、専門課程を修め、国家試験に合格する必要があります。資格取得の難しさという点でいえば、助産師の方が難易度は高いといえるでしょう。

このため、資格取得後、実際に病院などの医療現場で働くこととなった場合、看護師と助産師では働く領域に違いが出てきます。たとえば、看護師は患者さんの介護や心理面のケア、医師の治療の補助などが主な業務となります。それに対して、助産師は出産の立ち会いや助産業務、助産外来での応対などが主な仕事です。

ここで押さえておきたいのが、看護師は助産師の仕事を行うことが許されていませんが、助産師は看護師領域の仕事も兼任することができるということです。これは、意外に見落としがちな大きな差だといえるでしょう。また、意外に差が出ないところとして、給与水準があげられます。助産師は看護師資格を取得した後に、さらに専門教育を受けて取得する資格なので、看護師よりも高い収入を得られると考える方も少なくありません。

確かに、看護師の中にはキャリアアップを目指して助産師資格を得る方もいらっしゃいますが、看護師と助産師の給与は、年齢別に見ても勤続年数別にみても、そう大きな差はありません。ただし、助産師の場合は独立開業して経営者となるという道があるため、やり方によっては大きく年収を伸ばすこともできるという特徴があります。

このページの先頭へ