助産師という仕事の持つ魅力

助産師は、看護師資格を取得した上で助産師の専門課程を修了し、助産師国家試験に合格して初めてなることのできる難易度の高い資格です。さらに、資格取得には長い時間と費用が必要となり、勉強も実習も大変ハードなため、誰でもなれるという職業では決してありません。

では、助産師は、それだけの労力や時間、金銭を費やすだけの魅力ややりがいのある仕事なのでしょうか?

助産師の魅力を語るうえで外すことができないのが「生命の誕生に立ち会える」「エネルギーに満ちた出産の手助けができる」ということです。多くの助産師は、出産の瞬間に立ち会えることに大きな喜びを感じ、妊婦さんが初めて赤ちゃんを抱いた際に浮かべる笑顔に、仕事に対する希望とやりがいを実感しているといいます。こういった貴重な経験をできるというだけでも、助産師という仕事は大変魅力的だといえるでしょう。

また、助産師は助産行為だけでなく、妊婦の妊娠期間の心のケアも受け持っています。妊婦の方は、毎日様々な悩みを抱え、不安を感じていらっしゃいます。しかしながら、その不安を話せる相手が得られず、精神的に追い詰められるというケースも少なくありません。産婦人科医にしても、身体の変化や変調についてはしっかりと対応してくれても、メンタルケアまでは対応してくれない場合がほとんどです。

そういった、大きな不安を感じている妊婦さんの立場に立ち、アドバイスをしたり相談に乗ったりできるのは、やはり同じ女性である助産師だからこそです。助産師の方の多くは、心細さや悩みを抱える妊婦さんの役に立てることに誇りを持っており、妊婦さんの負担を取り除くことができた時には、大きな喜びを感じることができるといいます

このように助産師という仕事の魅力は、仕事のやりがいを感じられる点、出産を通して大きな喜びを実感できる点にあるといえるでしょう。また、助産師は女性の仕事として、給与水準が高いというメリットもあります。助産師という仕事は、魅力に満ちた素敵な仕事だといえるでしょう。

このページの先頭へ