助産師の需要の動向

現在、助産師を取り巻く環境や状況は、日々厳しくなってきているといわれています。確かに、少子化の進む日本においては、助産師が働く場所が少なくなりつつあり、専門的な知識やスキルを活かせる場が見つけづらい、という現状があるのは確かです。

とはいえ、助産師が働く場が減少しているということと、助産師の需要がどうなるかということは、まったく別の問題です。国内でいくら少子化が進もうと、女性の出産自体がなくなることはあり得ませんし、助産師の需要がなくなることも決して起こりえません。事実、助産師の求人数は安定していますし、就職・転職先深くこだわりさえしなければ、数多く見つけることができます。

また、近年産婦人科ではなく、助産院や自宅での出産を望む妊婦の方が増えてきています。これは、医療機関での分娩よりも、自然な形の分娩を希望する妊婦さんが増加していること、産婦人科や産科医院の著しい現象などに起因した現象といわれ、少子化が進む現状がありながら、助産師の需要が高まっている原因にもなっているといわれています。

加えて、最近は訴訟リスクや少子化の影響を強く受け、産婦人科医を志す医学生が激減しており、医師不足が原因となって産科が閉鎖するというケースも増えてきています。こういった産婦人科医の慢性的な不足を補うために、助産師に注目する医療機関も数多く存在します。そのため、全国的に見ても、医療機関の助産師外来の設置数が伸びており、助産師外来で対応ができる人材確保に注力している施設も少なくありません。

このように、従来助産師が働いていた施設や場所は確かに減少しつつありますが、新たな働き先も広がってきています。さらに、助産師の需要という点に着目すれば、少子化が進む現在にあって、むしろ需要は増してきているとも考えられる状態にあります。この先、助産師を望む声はますます強まり、助産師の存在価値はさらに上がると考えられています。

このページの先頭へ