英語が話せる助産師の活躍

助産師の資格を活かして働く場合、勤務先は助産院や産婦人科がほとんどとなりますが、語学力を活かして国際的に活躍するという選択肢もあります。 インターナショナルクリニックで働くという選択肢です。もう少々詳しく解説していくことにしましょう。

日本国内には、海外から移住してきた方や、一時的に日本に滞在している方が住んでいる地域が多数存在します。そのような地域では、必ずインターナショナルクリニックと呼ばれる病院が存在するのです。 このインターナショナルクリニックには、いくつかの診療科が設けられているため、すでに活躍している助産師が存在するんですね。

となると、必ず必要となってくるのが英語力です。そのため、英語が話せるのであれば、その語学力を活かしながら働くことができます。 また、近年は病院そのものを国際化しようと考えて、積極的に英語が話せる医療関係者を募集している医療機関がありますので、そのような病院でも活躍できるといえそうです。

ただし、助産師として働きながら、英語を話せるだけでは不十分だといえます。なぜなら、各国によって考え方や習慣などの違いがありますし、他の国の医療機関で出産する不安を、緩和させてあげるということも重要だからです。 それだけではなく、健康状態を把握するために、コミュニケーション能力が求められてくるともいえるでしょう。

ちなみに、日本国内だけではなく、海外の病院で働くことも視野に入れてみると、より活躍の場が広がるといえます。 海外には、日本から移住した日本人が大勢いますし、そのような人たちが通院する病院が多数あります。その場合、英語だけではなく、日本語が話せるというだけで、現場ではとても重宝されることでしょう。

以上、英語が話せる助産師の活躍についてお伝えしましたが、いかがだったっでしょうか。 今後も国際化の動きは高まっていきますし、今現在は英語が苦手だとしても、一度身につけてしまえば活躍の場が一気に広がります。より需要が高まる前に、準備しておくこと良いかもしれません。

このページの先頭へ